ドローン Tello(テロー)登場!

f:id:kayakadv1:20180729102010j:plain

今話題のドローンですが、はじめて手にしました。

買う前にいろいろ調べ、検討しました。

目的は、タンデムアイランドに乗っている姿を写真や動画で撮るため。

ドローン初心者の私にとってTelloはいいチョイスだったと思っています。

理由1.価格と仕様のバランスがいい。

本体のセットには、プロペラ付の機体とバッテリー1つ、替えのプロペラが4枚1セットと、プロペラガード4個1セットが付いています。

本体セット価格:12,800円 

理由2.飛行に際して規制が掛からない。

本体の重さは87g程。本体と装着したバッテリーの重さが200g以上のドローンは航空法の規制が掛かり、飛ばせる場所がかなり限られてしまう。※

理由3.写真や動画の質はOK

あまり優秀な画素数ではないが、この価格なら満足できる。動画もさることながら静止画を撮るだけでもかなり楽しめる。

理由4.オプションも安い

本体が安いから、交換部品や周辺部品も安い。私はバッテリーを2つ買い増しました。コントローラーも。あと、これが大事、キャリング・バックも。

替えのプロペラはネットでもヨドバシカメラの店頭でも買えます。更に安い非純正品もあります。

最後に、専用充電器も買いました。これだけあればしばらく楽しめると思います。

私が買いそろえたのは・・・本体セットが12,800円の他、

バッテリー:5,000円(2個で)、コントローラー:3,600円、キャリングバッグ:1,900円、充電器:1,800円 で合わせても 約25,100円ほどです。(写真のUSBケーブルは家に転がっていたもの(本体セットにも充電器にも同梱されていません))

 

f:id:kayakadv1:20180729102111p:plain 

本体に付属しているのはこれだけ あと取扱説明書

f:id:kayakadv1:20180729102205j:plain

↑ 目的に応じてバッテリーを買い足すなどしましょう

 

f:id:kayakadv1:20180729102446p:plain

↑ キャリング・バッグは必需品 肩掛けストラップも付いています

 

購入を検討されているかたへのアドバイス

1.キャリング・バッグはコントローラが入るコレが良いと思います。本体だけが入る小さいものもありますが、充電器やコード、替えのプロペラなどをいつも一緒に運ぶことになるでしょうから、多少大きくてもコレがちょうどいいサイズだと思います。

自分でスポンジを買って、いらないカバンを細工して…と少し考えましたが、バッグの値段を見てやめました。

2.質の良い動画を希望されるならもう一つ上のものが欲しくなるでしょう。(数カ月したらTelloの中古がたくさん出回るかも)その代わり、機体が200g以上になって、遊ぶ機会が減るので注意。

3.簡単に飛ばすことができないと、だんだん興味は薄れていくものです。どこでどんな写真、画像を撮りたいのか、がある程度見えてないと高いおもちゃが家の中で眠ることになるでしょう。

 

若いかたは、これらドローンをゲーム機の延長のごとく簡単に操作するのでしょうが、私の年代になると練習が必要です。

でも、手元の操作で自由自在に動くTelloを見ていると楽しいです。草間少年がジャイアント・ロボを操っているときも、たぶんこんな感じだったかも知れませんね。

 

ジャイアント・ロボ・・・って?

さ、もう夏だし、練習してうまくならねば。

良い写真や動画が撮れたらまたご披露したいと思います。

※実際には、航空法以外にも規制の対象となりますので、ご自身で確認ください。

 

【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJI