タンデムアイランド 愛


f:id:kayakadv1:20190927161900j:plain

ヨット雑誌「kazi」の表紙になんとタンデムアイランドの美しい写真が載っているじゃないですか。2019年の8月号ですから、7月中旬に発行されたものです。そう、Hobie cat社のタンデムアイランドは表紙を飾るほど素晴らしい乗り物なのです。

特集は「スモールボートの魅力」。記事は、ヨット部経験者の中年編集部員3人がアイランドシリーズの2艇(1人乗りのアドベンチャーアイランドと2人乗りのタンデムアイランド)を試乗してその模様を会話形式で紹介するものでした。

タンデムアイランド愛に燃える私は、魅力はそんなモンじゃないんだよ!と突っ込みたくなりましたが限られた文字数ですべてを書くことはできないでしょうから仕方がありません。

先のブログでタンデムアイランドの魅力を列挙しましたが、逆引き的に少し紹介し直したいと思います。

 

船酔いが心配・・・体質的に弱い人は今、眠くなりにくい酔い止め薬もあります。乗る30分前に飲むのが効果的ですが、酔ってから飲んでも効果がある薬や、水なしで服用できるものも出てきています。ただタンデムアイランドは水面が近くスピード感があるので酔っている暇がないかもしれません。とても爽快です。

ひっくり返ったら大変・・・船体が本体と両脇にフロートが付いているので滅多なことながいとひっくり返りません。

いざという時の連絡手段は?・・・VHF無線と携帯電話を持って出ます。いざという時にはマリーナにもすぐ通じます。

トイレは?・・・トイレは付いていませんが、1時間くらいのクルージングでしたら出る前に済ませておけば大丈夫でしょう。催したら?仕方ないから海でしてしまいましょう。

濡れるの?・・・運が良ければしぶきが顔にかかる程度で済みますが、風か強ければ全身にしぶきを浴びます。でも気持ちいいです!夏以外は水が入ってこない服を着て出ます。

遠くに行って帰って来れるの?・・・これがヨットの醍醐味。どんな方向から風が吹いていてもちゃんと出てきたところに戻れます。

ヨットは傾いて怖い・・・船体の両脇にフロートがあるから傾きません。傾きにかかる力がそのまま加速に結びつくようで爽快な加速感があります

セイリングは難しくないの?・・タンデムアイランドで走っていると、こんなにヨットって簡単なんだ!と感じます。ハッスルすることなく操れます。ヨット経験者でなくてもすぐできるようになります。

日焼けしそう・・・こればっかりは仕方がありません。ラッシュガード、帽子、サングラス、日焼け止めクリームを使ってガードします。

 

それだけじゃありません。

マリーナでの置場料が高い・・・

夏しか乗らないんじゃない?・・・

船舶免許がいるんじゃないの?・・・

船検や法定安全備品をそろえるの?・・・

これらのほとんどを解決できてしまうのが、Hobie cat社のアイランドシリーズ、タンデムアイランドなのです!  

f:id:kayakadv1:20191012132704j:plain

日本という国はいろいろな規制を用意して人々に自由な船遊びをさせない世界的に稀な国です。ところが問題なのは、そんな規則でがんじがらめな生活が当たり前と思っている私たちのマインドなのです。

刑務所に例えるなら塀の中にいることに安心し、多くの人は懲役と三度の食事がある生活を捨ててまで塀を乗り越えようとはしません。

タンデムアイランドはそんな刑務所の塀に設けられている小さな扉です。

人々は塀の高さばかりに目が行ってすぐそこにある扉に気付きません。大変な思いをしなくても出ようと思えばすぐ出られるのです。

塀の外にはあなたが今まで知らなかった素晴らしい世界があります。それを知ってしまった人は、たとえ塀の中から危険だ無謀だという声が聞こえても行ってしまうのです。

あなたならどうしますか?

こんな楽しみ 知らなかった!

 

f:id:kayakadv1:20190829163705j:plain

◆とっても良くできた製品です!◆

3年間迷いに迷い購入したタンデムアイランド

でも、その甲斐がありました。後悔したことはありません。素晴らしい乗り物です!

 

Hobie Cat社のセーリングシーカヤックは2タイプあります。

シート(椅子)が2つのタンデムアイランド Tandem island …シートが1つのアドベンチャーアイランド Adventure island

どちらを購入するかも迷いました。

タンデム…ということは基本的に2人以上で乗るというのが前提ですが、そんないつも誰と乗るの?となります。

一方、アドベンチャーアイランドの方なら何も気にすることなく気が向けばさっと海に出られる。それに価格も(タンデムアイランドに比べれば)安いし、重量も軽い。

 

それでも私がタンデムアイランドを選んだ理由は、この遊びをたくさんの人に知ってもらいたい、という気持ちからです。

海好きの友人はもちろん、ストレスがたまってリフレッシュしたい人、引きこもりで家でくすぶってる人、人間関係でうまく行かなくて悩んでる人、病気、障害などの理由で遊ぶエリアが狭まっている人、単に海遊びのきっかけがない人らと一緒に乗って“こんな世界があったんだ〜”と喜んでもらいたいのです。

 

海遊びを体験するのに、このタンデムアイランドはバッチリなんです。



f:id:kayakadv1:20190829153939j:plain

◆Hobie cat のホームページより◆

なぜバッチリだと断言できるのかを紹介したいと思います。

【高い安全性】初心者からベテランまで楽しめます!

船体が3つある(トライマラン)ので転覆する可能性がとても低い

風が吹いたら、ヨットになって風で進むことができる

風が無くなったら、カヤックになってパドルを使ったりミラージュドライブを(脚で)漕いで進むことができる

ベテランと初心者が同じ目線で遊べる

 

【楽しい】楽しむために海に出るのです!

船体が軽いから速くてエキサイティング、夏のゆる~い風でもスイスイ走る

1人~4人で楽しめる(タンデムアイランドは重量272kgまで乗れる)

クーラーボックスや、防水バッグを持ち込むことももちろん可能

安定性に優れいているので、釣りも安心してできる

ラジオやお弁当を持って・・・も、もちろんOK

海や湖に移動して楽しむことができる

愛犬を連れていっても安心!

 

ランニングコストが安い】これは助かります!

エンジンが不要 (この費用もバカにならない。燃料代だけじゃなく、放っておけば故障もするし修理も必要になる)

カートップで移動できる

自宅保管が可能(マリーナに置いたとしてもクルーザーほど高くない)

基本的にほぼメンテナンスフリー、とても長持ち

 

【国のお許し不要】私が一番言いたいのはココ!

船舶免許は不要(免許は5年ごとに更新) 

船舶検査も不要(定期検査は4年ごと(その間に中間検査というものもある))

じゃ危険じゃないかって?お金をかけて免許を取っても、4年ごとに船の検査を受けても、危険を回避できるわけではないのです。大事なのは自然の中でいかに自分を守るかを学び、経験から知ることだと思います。

 

【基本構造】これは Hobie cat の社歴が裏付けます

ポリエチレン製だから軽く、耐久性、耐候性が高い

たとえ上から波を受けても沈まない

ドリンクホルダーや、釣竿のホルダーも標準装備

 

【ミラージュドライブ】これは大発明です!

風が無い時、港の出入りなどは、脚で漕ぐミラージュドライブで進むことができる

ミラージュドライブは手でパドルを使って漕ぐよりパワフルだしラク

前進・後進がレバーひとつで変えられる

 

【帆走の装備】これが無ければ私、買わなかったです!

風が吹けばセイルを展開してヨットとして走れる

船体が軽いぶん速い! 帆走性能も高い!

舵もセイルのコントロールも2人でできる(初心者もすぐ操船できるようになる)

セイルは、マストに巻き付けるタイプ(ファーラー)なので展開や収納が簡単

途中で風が強くなってきた時は、セイルの展開の大きさを簡単に変えることができる

 

【本格的な装備】とにかくうれしい工夫が多いのです!

座る椅子の調整が細かくできて楽な姿勢で楽しめる

魚群探知機を簡単に付けられるようになっている

使われているブロック、クリートはすべてハーケン(HARKEN)社製

 

【豊富なオプション】遊びの幅が広がります!

標準装備にして欲しいくらいのトランポリン

後方からの風を受けて走るときに展開するとよりスピードが楽しめるスピンネーカー  

ステアリングハンドルに取り付けるためのハイキングスティック

カメラ取り付け用のパーツ

ポンプつきの生け簀(いけす)

などなど!f:id:kayakadv1:20190829154435j:plain

3年待っている間にタンデムアイランドは勝手に進化してくれたので、いいときに買ったと満足しています。

私が購入した2017年からこれを書いている2019年の短い間でも、いろいろ小さなところがモデルチェンジされていて現状に満足をしないHobie cat社の野心を感じます。

一方で安全・快適第一主義の日本人マーケットにおいても、ヒットの条件は満たしている数少ない海遊びグッズだと思います。

 販売元の神奈川県逗子市のマリンボックス100では試乗もさせてくれるみたいですよ。

 

ヨットを乗っていたというかたも、これからカヤック・フィッシングをやってみようかと思っているかたもきっと満足できると思います。ぜひ、コレで海にでて楽しさを実感してみてください!

釣った魚のうろこを落とす前に、自身の目からボロボロ落ちるのを感じるはずです。

f:id:kayakadv1:20190829154713j:plain

初めてのお泊り @葉山港

f:id:kayakadv1:20190823165613j:plain

連休というものがほとんどない私、2日続けてタンデムアイランドを出す機会はほとんどありません。とれるのは年末年始、GW、そしてお盆だけ。

だからあまり気にしていなかったのですが…、

いつもタンデムアイランドの持ち込みでお世話になっている葉山港、私、知りませんでした。

 

明日も乗ろうという時は“船を置いておけるのです!それも別途の停泊料無し”で!

 

通常私たちが朝搬入するときに支払う利用料は、いわゆる1日利用料のようなものなので、翌日も乗るという時は、翌日も同じ利用料を払うだけで済むのです!

タンデムアイランドならば利用料は千円+アルファ。掛ける2になっても大したことはありません。

8月11,12日は連続で乗ることにしてタンデムアイランドを一泊させました。

早朝、艇や機材を積み、帰ったらまた元に戻して・・・が無いということで心身ともに天国の心地です。このサービスは有効に使わせていただこうと思います。

葉山港はスタッフも明るく親切だし、すばらしい施設です。

後日、連休最終日の17,18日と次の水曜日21日も乗る予定にしたので4泊させてもらいました。

 

夏休みまっ只中。

学生さんから小学生までたくさん来ています。小中学生が乗るOPヨットを見るたびに、ニュージーランドPクラスヨットのことを思います。あのスピード感に慣れたらLaserでぐんと伸びるはずなのになぁ~と。

他に美しい木製の自作ヨットを持って来られている方がいました。時間と場所さえあれば誰でも作れますよと謙遜されていましたが、そんなことはありません!尊敬します!素晴らしいです!

2019年のお盆休み前半は台風の影響で南からの大きなうねりが入ってきて、逗子湾の入り口ではかなり大きな波ができていました。結局4日間大好きなタンデムアイランドとともに過ごすことができました!

f:id:kayakadv1:20190823170154j:plain

次の連休が待ち遠しい!年末年始かぁ~

お仕事がんばろう!

休日は賑やかな葉山港ですが、平日はとってもすいてます。

f:id:kayakadv1:20190823165921j:plain

 

タンデムアイランドの車載 Tandem Island move to roof top carrier

 

youtu.be

タンデムアイランドを購入するにあたって、車載することは重要でした。保管にかかる費用を、自らの労力で賄おうとしたからです。

日本の方々の工夫には頭が下がります。これだけ良いアイデアがあるのは保管費がたぶん世界一高いからだと思います。なんとかして車に積んで持ち帰りたい、そういう強い意志が工夫の質を上げているのでしょう。

欧米等の方々の場合、車の上に載せるよりトレーラーで牽引してしまう(トレーラーを自宅に置いておける余裕がある)ので、工夫する必然が日本ほど無いのかも知れません。

私の方法は新しいものではありません。ただ、キャリアの上に置いてある2×4材で組んだフレームは独自のものです。納入時だけでも耐えてくれればと作りましたがもう3年以上使えています。

頑丈にすれば重くなり、軽くしようとすると強度が無くなります。案外いいモノとなりました。

◆海からあがって車に載せる時のおおまかな手順です。

①艤装を全部ばらす

②(その時ドーリー(車輪)は中央に付いているはずなので)バスマットを敷いてタンデムアイランドを(左舷を下にするように)横倒しする

③ドーリーを船尾側の穴に入れなおしてまた起こす(二度手間のようですがコレが重要です)

④艇を車の横に直角に持ってくる

⑤船首を揚げた時に、船尾が擦れそうな場所にバスマットを移す

⑥船首へ行ってグイッと持ち上げて、キャリアに少しでいいから載せる(⑥~⑩は動画を参照

⑦滑り落ちないように艇を支えながら船尾へ行き、車側に押し出す

⑧船尾がマットの上を擦るようになったら一旦止めて、船尾のハンドルを持ち、タンデムアイランドを一気に持ち上げる(56歳!お恥ずかしいところをお見せしてしまいます)

⑨艇を持ち上げるとストッパーを掛けていないドーリーは抜け落ちるので、かまわず一気に艇を車の上へ押しこむ(ドーリーが抜け落ちた後のやり直しは困難なのでイッキに!)

⑩ちょうど良い位置になるように艇を移動する

⑪アマ(両舷のフローと)やマストなどを載せて縛る

⑫その他の部品類、ライフジャケットなどをトランクに載せて完了

いかがでしたか?

 

先日葉山港で船を用意していると、隣で私より先輩のかたが自身のボートに船外機を取り付けていました。船外機ってとても重いんです。

手伝おうと声を掛けると

「これが一人でできないようになったら船やめるよ」と。

私も同じです!頑張りましょう!

f:id:kayakadv1:20190815223615j:image

酷暑でも風吹けばタンデムアイランドは快適!

f:id:kayakadv1:20190804123131j:plain

外は人間が活動してはいけない程の暑さ。風が吹いたとしても陸上では熱風。

そんな中でもタンデムアイランドを出してきました。

葉山から出て、ラクに乗ろうとしたら、江ノ島烏帽子岩が適当なクルージング先になります。セイルを展開したら、ほぼずっとそのまま乗っていれば良いのですから。

 

烏帽子岩にも上陸してみたいし、まだまだ冒険したいところがたくさんあって楽しみです。

f:id:kayakadv1:20190804132932j:plain

梅雨明けが遅かった令和元年の7月は31日に最初で最後のクルージングとなりました。

早朝から暑くなる予報だったので、船の積み込みを前日の夜の間にしてしまいました。

そのおかげでで朝がとってもラクでした。

夏休みだということと、オリンピック前ということで沖には複数の国のヨットや、釣りのボート、ジェットスキーなど出ていました。

もちろん、江ノ島、鎌倉、逗子の湾には海水浴客がたくさん。

f:id:kayakadv1:20190804135112j:plain

昨年は確か、暑すぎるからと海に出るのをためらっていたような気がしますが、出てしまうと案外過ごしやすかったです。嘘じゃないですよ!

脚が日差しで暑くなりましたが、手で海水をすくって掛けたら即クールダウン。これでビールが飲めればワタシはもうどうなってもいい(笑)という心境でした。

 

江ノ島へ向かう途中にすれ違った一番上と下の写真の「やまゆり」は1964年開催の東京五輪に合わせて国内外の来賓用に造られた木造ヨットです。大会後は江の島ヨットクラブが、そして今ではその外郭団体が寄付を募って維持をしているようです。

チャーターやわずかな参加費で体験クルージングができるイベントがあるようです。興味のある方はどうぞ。

f:id:kayakadv1:20190804124938j:plain

yamayuri-club.jp 

ハイキング・スティック(Hiking Stick)で快適度アップ!

f:id:kayakadv1:20190804111541j:plain

座席を離れてトランポリンから操船

タンデムアイランドだけでなく、Hobie Cat社のカヤックには、舵(かじ)を操るステアリング・ハンドルが付いています。

艇の椅子に座ると、左手で操作するのにちょうどいい場所に付いています。に行きたければにひねり、に行きたければに、といった具合です。

初めてタンデムアイランドに乗った人でも、これなら迷うことなく行きたい方向に舵を切っていかれるでしょう。

こんな小さい部品でも、タンデムアイランドができてからいろいろ改良されて今に至っています。今の仕様からはもう改良の余地は無いんじゃないかと思っています。

というのも、オプションで用意されている、ハイキング・スティック(Island Hiking stick)を付けて実感したのです。

Hobie cat社のカヤックタンデムアイランドに限らず、とっても良くできています。やわらかく座り心地の良い椅子に前向きに座り、視界は良好!

ただ、ディンギーヨットを経験した人にとっては、ヨットの醍醐味ハイクアウトができません。それを可能にしたのが今日紹介するオプション、ハイキング・スティックです。

ニクいことに、ステアリング・ハンドルにはハイキング・スティックを取り付けるための穴とネジがあらかじめ切ってあります。ここにスティックをねじ込めば、風上のトランポリンに体を預けて、離れた所から舵を操れるのです。

風が強い時も、これなら艇の傾きを潰しながら走れます。

ただ、ひとつ!難点がありました。

最初に書いたように、このハンドルは、右に行きたいときには右にひねるのです。

慣れ親しんだヨットについているティラー(舵に付いている棒)とは逆方向なのです。

私も、ディンギーに乗り慣れているので何とも変な感覚でした。

でもあるとき、葉山港でタンデムアイランドを見物に来られたかたにそれを言うとひと言。このハンドルを180度逆に付ければいいじゃん・・・と。

当たり前のことに気付かない私が恥ずかしかったです。

ハンドルの上のネジを緩めて180度反転できるか試したら・・・できました!

反転させたノブにこのハイキング・スティックを付けたら、なんと!ディンギーと同じ感覚になるじゃないですか!

さっそく乗ってきました。

“いいじゃないのぉ~” と思わず唸ってしまいました!

ということで、“強くおすすめするオプション”に格上げしました。

 

f:id:kayakadv1:20190804111905j:plain

f:id:kayakadv1:20190804111930j:plain

f:id:kayakadv1:20190804111944j:plain

f:id:kayakadv1:20190804111957j:plain

実は・・・隠していたわけではありませんが白状します。

進行方向に向かって座るのは確かに新鮮で嬉しいものですが、同じ方向から風を受けていると、ずっと体を同じ方向に傾けていることになるので、ちょっとしんどいこともあるんです。

でも、このスティック1本で解消され、またあらたなステージにあがりました。

慣れたヨットと同じ感覚ですし、寝転びながらとか好きな姿勢で操船できるので、嬉しい限りです。

DIYは苦手じゃないのですが、このスティック、自作するより既製品を買った方が安いと判断しました。私が購入した2018年11月においては、11,000円(税込)です。製品を見ると自作できたかな?と思うのですが、きっとこんなにきれいにできません。

前後のトリムですが、タンデムアイランドに1人で乗った場合、約70kgの私がトランポリンに乗ってハイクアウトをすると、ちょっとバウが波に突っ込む感じになるので、トランポリンの後ろの方に乗るようにしています。

f:id:kayakadv1:20190804112256j:plain

f:id:kayakadv1:20190804112333j:plain

※最後に大事なことを。

1人で乗られる際はくれぐれも落水に注意してください。後部座席からトランポリンに移動する際に落ちたら…タンデムアイランドは勝手に走って行ってしまいます。ライフジャケットはもちろんですが、携帯電話か無線を体のどこかに付けておくようにしましょう。

New ミラージュドライブ360 (Mirage Drive 360)


Hobie Mirage Pro Angler 360 Series - All New

私がタンデムアイランドを手にしたのは2017年春。

10年近くマイナーチェンジを重ねてきたこのカヤックはすでに完成品となり、もう改良する余地は無いと思っていましたが、さらなる進化を遂げました。

ミラージュドライブ360(Mirage drive 360)という新しいドライブが今年2019年の秋に登場するとのことです。

f:id:kayakadv1:20190718180046j:plain

https://www.hobie.com/kayaks/mirage-pro-angler-14-360/

はじめに断っておきますが、この新しいドライブはセイリングカヤック用ではなく、プロアングラー(Pro Angler)という釣り用のカヤック向けです。

 

まず、ミラージュドライブを説明しましょう。これは、脚をフミフミ往復運動すると海中にあるフィンが左右に動き推進力を発生させる取り外し可能な装置です。

推進力を得る原理の説明は省きますが、脚漕ぎのスワンボートなどは、下でプロペラが回転して推進力をつくるのに対し、このミラージュドライブはペンギンが腕(羽根)をパタパタしながら泳ぐのと同じような動きをします。

手でパドルを使って漕ぐより力強いパワーが得られます。

 

私のタンデムアイランドに装着されているミラージュドライブは、レバーひとつで前進、後進が変えられる「ミラージュドライブ180」が付いています。

バックさせることなんて広い海で使う機会は無いだろうと思っていたら、マリーナでの取り回しでさっそく“あって良かった”となりました。

 

Hobie MirageDrive180: Product Overview

このたび登場したミラージュドライブ360は、前後180度変えられるだけでなく360度変えられるというもの。なんと推進力を横や斜めに得ることもできるのです。

カヤックで釣りをされている方は、きっと、欲しかったのはこれだよコレ!、と膝を叩いて喜んでいるのではないでしょうか。

動画で紹介されているように、行き止まりに行った時もひょいと反転できるのです。それも舵を使ってではなく、左のノブをぐりぐり回しながらフミフミすれば良いのです。

また、新しいこのドライブの素晴らしいところは、浅瀬で海中のフィンが何かに当たってしまっても、外れたフィンが次の瞬間に復帰するのです。どんなものか見てみたいです。

 

ミラージュ(mirage)とは蜃気楼のこと。構造的に似ているペンギンドライブ(penguin drive)とした方がキュートだったかも知れませんね。

f:id:kayakadv1:20190718173015j:plain

まだまだ進化するHobie、楽しみな会社です。