読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タンデムアイランドを車に積んで運ぶ!

 タンデムアイランドを車に積むという例は、you tubeで・・・それも洋モノ・・・でいくつか見ることができましたが、たいがいが載せる車が大きい。

大がかりなアームと電動ウインチを使っている例もあって、さすが!と唸ります。

車が大きいとキャリアも前後間隔が広く取れて、あの長く重いタンデムアイランドでも悠々と載ります。見るからに安全。

一方、私がしようとしているのは、セダンの屋根にキャリアを装着して、その上にタンデムアイランドを・・・さすがにこんな危険なことをしようとしている人は、世界でもあまりいらっしゃらないみたいで、ネットでもなかなか参考になる例がありません。

 

ならば私が!

f:id:kayakadv1:20170511165253j:plain

     ☆ クラウンでの搬送…なかなか見ない光景でしょ? ☆

 

トレーラーは(日本では車検等の規制や置場の確保や値段の面から)無理だから、頭と体を使ってクリアしよう。

 

ということで、木でベースを作ることにしました。

メモ用紙にああじゃないこうじゃない・・・と構想を描いていましたが、第1作目は、日の目を見ずに解体されました。

納艇になるはずの日に持って行ったものです。

2×4の“半分”の角材で組んだものでしたが、タンデムアイランドの大きさを見た瞬間にダメだということがわかりました。

その日は天候が悪く持ち帰れませんでしたが、助かりました。

ショップの方からも2×4材でしっかり四角い「すのこ」みたいなのを組まなきゃ、とアドバイスされ、帰り道、設計を考えました。

ホームセンターには長さが1,820mm(1.82m)というのがあります。それをベースに作ることにしました。

 

innoキャリアのバーの前後幅がだいたい600mm、木製ベースがその3倍の1,800mm、艇がその3倍の5,400mmよりちょっと長い5,640mm・・・そもそも、innoキャリアの前後間隔が無さ過ぎなので、車にはごめんなさいです。

 

2×4材は以前にも工作をしたことがあったので、家に帰るとネジや電動道具がありますので、一からのスタートでなく助かりました。

・・・で組み上げたのがこれ。

f:id:kayakadv1:20170520131400j:plain

     ☆ 自分でもよくできたと思えるほどのデキ ☆

 

艇が載る上面はフラットにしました。積み降ろし時に艇をキャリアの上で水平方向に90度回すことがあるので、下手に凸凹の受けを付けない方がいいと思いましたし、

タンデムアイランドの底の形状は独特の凸凹がありますが、平らな面で支えるのには何の支障もないのでディンギーヨットに比べて安定していて載せやすいのです。

 

納艇時に逗子から自宅まで搬送できればあとは作りなおそう、と思って作りましたが、とてもいいベースができました。しばらく使えそうです。

ただ、ひとつだけ問題が。

いつもこの木枠を着けて走るわけにいかないので、これを保管する場所も自宅に用意しておかないといけないということです。できたら雨ざらしじゃない場所で。縦1.8m×横1.3m×厚0.1mあらあら・・・結構大きいし重い・・・

 

・innoのキャリアを買う場合、ネット通販ですと推奨のセットしかありませんが、オートバックスなどの販売店だと店員さんと相談しながら適切な部品を買うことができます。(私の接客をしてくれた方は、カヤックを載せる方法の知識があったようなので安心して相談できました)長いバーは取り寄せになりましたが、2日ほどで入荷されました。

私は、バーの長さについては推奨のものより10cm長いものにしました。20cm長いものにしても許容範囲の中でしたが、それはそれぞれ使う環境によるでしょう。

f:id:kayakadv1:20170523120057j:plain

   ☆キャリアは、バー、ステー、フック、それぞれ別売りなので車種や使い勝手に合わせて購入できる(innoのHPから)☆

 

なぜ、推奨のものより長いものにするかは訳があります。

車の横からタンデムアイランドを車に対して直角に積む際「ある構造」が必要になるからです。

「ある構造」というと大げさですが、ほぼ地面に置いてある艇のどちらか端を持ち上げて車の横からキャリアにその「端」の部分を載せようとした時、推奨の長さのバーでは、簡単に車のボディーに「端」が当たってしまうのです。

 

f:id:kayakadv1:20170523105331p:plain

 ☆ 横から載せる場合こうなる・・・参考写真 ☆

 

ですから、前後のバーに橋を掛け、そこに艇の「端」を置いておいて、次に逆の端を持ち上げて一気にキャリアに押し込む・・・そして、直角に積み込んだところで、木枠の上でぐるっと90度回すのです。

言葉で書くとこんな感じです。

f:id:kayakadv1:20170522112716j:plain

 

・一方、自作しようと思いましたが、買ってしまって・・・でも満足した部品が↓これ。

 

f:id:kayakadv1:20170522112516j:plain

ボンネットやトランクに挟めば、縛る“とっかかり”ができます。

これがあるのと無いのでは安心感が全く違います。ミシンが上手なら自作したんですが、2本セットで2,400円程度だから・・・材料費を考えると・・・ね~。

ただし、このラインはあまり強く引っ張るものではありません。艇が万一、前方向に滑り落ちないようにするためのものなので、軽い張りで良いと思います。

 

・ラッシングベルト、私は5本買いました(@500円)。

そのうち2本はinnoのキャリアと木枠をがっちり固定するために使います。1本はトランク内部にあるボディと一体のアイを通して木枠へ持っていき、後ろ方向に引っ張りました。残りの2本で木枠とタンデムアイランドを固縛します。いずれも長さ6m。

予備で2mのものが2本ありますが、今のところ出番無しで済んでいます。

ラッシングベルトは、運良く横浜関内のカヌー屋さんで中古のがあったので、新品の半額で済みました。マリンショップで買うと同じものでも値段が高いことがあるので、街道沿いにあるガテン系の店も覘いてみましょう。

 

ラチェット式のもの(通称ガッチャ)を使えばもっと力を掛けられますが、いつまでもガチャガチャやっていたら・・・ポリエチレン製amas およびタンデムアイランド船体は凹むか割れるなどしまうでしょうから気を付けてください。

f:id:kayakadv1:20170522112604j:plain

 

Hobieタンデムアイランド オトナの男も喜ぶ・・・?

欧米仕込みのプレゼンテーションは、日本人の間であまり気にしない心の隙を突いてきます。Hobie社・・・うまいね~。やられてしまいました。

 

私は新車の自動車を買ったことが実は1回もありません。

だから新車を買った時にどんなセレモニーがあって、どんな記念品が貰えるか知りません。

 

ただ、このHobie社はニクいことをやってくれます。

Owner's Packet (オーナーズ パケット)がそれ。

f:id:kayakadv1:20170521175245j:plain

ビニールに入っていますが、そのビニールにもかわいいチェーンが付いてて工夫が見られます。

そしてその中の封筒は・・・なつかしい欧米特有の “質の高くなさそうな” カードボードのニオイ。

f:id:kayakadv1:20170521175334j:plain

紐を解いて中を取り出すといくつかの冊子が。

 

まず、目をとめたのは、2つ折りのカード。

「お買い上げいただき ありがとうございます」というやつです。

英語ですが、読んでみると・・・ん?ちょっと違う。想像してたのと。

f:id:kayakadv1:20170521175432j:plain

ふむふむ・・・おぉぉぉぉぉぉぉ・・・

 

Thank you

It is a privilege to have customers like you, who inspire us to keep dreaming, innovating and creating exceptional watersport products. We hope you enjoy your purchase! (原文のまま)

 

直訳)ありがとうございます。私どもは光栄です。あなたのような…弊社に夢を描くことをキープさせてくれて、革新的で優れたウォータースポーツ製品をつくりだすワクワクを弊社に与えてくれる…あなたに出会えて。この商品で楽しんでいただけることを希望しています。

  

あえて直訳にしました。伝えたいのは、事故に注意して安全に遊べ・・・という注意書きではなく、「元気がもらえるあなたに買ってもらえて、当社は嬉しい!光栄だ!」って書いてもらえたら、そりゃ嬉しいですよね、ということです。

夢がありますよねッ

 

トヨタの新車を買っても「当社は、また革新的な車を開発する元気を与えて下さるあなたにこの車を買ってもらえて光栄です!」てカード・・・あるんでしょうか?

 

クリスマスや誕生日にカードを送り慣れていると、これもそのひとつなんでしょうが、慣れていない私にとっては、たったコレ1枚でジーンときてしまうのです。

 

船に乗る前からHobie社のプレゼンに心奪われファンになってしまいました。

 

f:id:kayakadv1:20170521175607j:plain

つくずく 「遊び」に関して欧米は日本とレベルが違う、と感心させられます。

さすが、もうすぐ70年にもなる会社です。製品のファンをつくる方法を知っています。

 

こういうニクい仕掛けって、普通の生活でも使えますよね。

例えば、大切な人にただ花束を贈るだけじゃなくて、手書きのカードを添えるとか・・・ねっ

葉山公園からタンデムアイランドでクルージング

f:id:kayakadv1:20170511164354j:plain

2017年ゴールデンウイーク。

お盆、年末年始、GWでないと連休が無い私にっとて、最後のチャンス。GW休みの最終日に葉山公園へ運び、そこからタンデムアイランドを出すことにしました。

 

ニュースにもなりましたが、この日は鎌倉から葉山まで赤潮が大発生していて、いつもは蒼く美しい海が筋状に茶色になっていました。赤潮・・・夜は夜光虫になるプランクトンなので、きれいだったそうです。

f:id:kayakadv1:20170511165115j:plain

風は終始5~7m/s程度でしたが、ベテランは私だけだったので、ちょうどいい感じでした。

 

葉山公園では今、流行っていると言われているSUP(stand up paddle boardの略でサップと言う)の競技会が行われていて賑やかだったです。

休日ならではですね。私は水曜休みの人間ですので、久しぶりの雰囲気でした。

 

駐車場からビーチに至るまでに、階段があります。

実は2人であの重いタンデムアイランドを階段でも比較的ラクに運ぶ方法を思いつき、試してきました。これはまた後日書きます。

 

★★葉山公園 利用レポート★★

☆公衆トイレはきれいでした (女子トイレについては便器も床もきれいで着替えやすかった…とのことです)

☆最寄りのコンビニは駐車場から徒歩3分(240m)ほど先のミニストップ

☆水がとれるところはトイレ横の1箇所だったので、手持ちのタンクがあればあらかじめ水を貯めておいた方がベター

☆公園からビーチまでには階段があるが、北側(御用邸側)が一番段数は少ない

☆朝早く着かないと停める場所が無くなる(端から埋まる)

☆階段があるからタンデムアイランドにおいては一人で出し入れは無理

☆どこのビーチもだが、日影をつくるためにテントが必要

☆違反してBBQをする人がいるが、規則ではNG

☆アクセスや駐車料金の詳細は下記をクリック

 葉山公園のご紹介|神奈川県立葉山公園/はやま三ヶ岡山緑地

f:id:kayakadv1:20170511165253j:plain

☆葉山公園の駐車場 ~端が空いてなければ西側に停めたい~☆

 

そう!この日は横浜横須賀道路・逗葉新道を走りました。この荷物で!

最高でも80km/hしか出しませんでしたが、危な気なく走れました。交差点は無いし、発進停止の繰り返しもないし、しっかり固定しておけば、高速道路の方が荷崩れしにくいかも。いいえ、荷崩は絶対に許されません!

 

 

納艇!! タンデムアイランド・・・冒険の海へ

2017年GW中 ついにタンデムアイランドが納艇となりました。

f:id:kayakadv1:20170511145134j:plain

艇は先週見ているので、いよいよ自分の車に積んで持って帰ります。

 

売買代金の中に、初回のインストラクションが入っている、とおっしゃるので、マリンボックス100の沼野さんに説明いただきながら初セーリング

大切なのは・・・

 1、ラダーが降ろせる深さまで艇を移動しラダーを降ろしてから乗り込む

・・・ん~、なるほど。そうしないと舵が利かないタンデムアイランドであたふたすることになってしまいます。ビーチから出て行く時など、ヘマをすると波で岸に戻されて、アレレ・・・という状況になりかねません。

 

2、安全なところまで、パドリングで出て、脚踏みドライブ(ミラージュドライブ)を挿してさらに沖へ出す。

 

3、メインシートとファーリングシートのエンド同士を結んでおく。(これは実際乗ってみるとその訳がわかります)

f:id:kayakadv1:20170511180948j:plain

 

ま、おいおいこういった注意点は挙げていこうと思いますが、

この日のメインイベントは、操船の仕方でも、ビーチからの出入りの仕方でもなく、自宅のガレージに格納すること

さらにその前座イベントは、自作の木製キャリアで無事故で家に持ち帰ること

f:id:kayakadv1:20170512111437j:plain f:id:kayakadv1:20170512111501j:plain

   ☆ マリンボックス100での初積み込み メインイベントの前座 ☆

 

今日の日までいろいろ格納方法を考えました。ガレージの中で天井をぼ~っと眺めていることもありました。

 ガレージの奥行きは5500mm。タンデムアイランドの長さはカタログ値で5640mm。

ただでは入れられません。

さて算数。

1辺が1の正方形の対角線はどれくらい? 答えは√2(ルート2)。

√2は・・・確か「ひとよひとよにひとみごろ?」って憶えるんだっけ?

つまり1.41421356・・・

ガレージは正方形じゃないけれど、正方形の対角線は1.4倍にもなるんですよね。

そう! だから、艇を斜めに入れてみることにしました。

事前に計ってみたら・・・おおっ5650mmは取れそう!

ただ、それでダメなら・・・格納は無理?

 

いや、ちょっと待て! あと、数ミリ足りないくらいなら、コンクリートの壁を・・・艇が当たる所だけドリルでガリガリと削ればいいじゃん!実物を持ち帰って現場合わせだ!と運を天に任せて当日を迎えました。

 

果たして・・・これは自慢したい!

ご覧ください! 天井に吊ったタンデムアイランドとシャッターとのクリアランスはなんと10mm!

ぴったり入りました! 

f:id:kayakadv1:20170511145553j:plain

☆斜めに入っているのわかりますか? ama用の受けもあまり材で完璧な出来です☆

 

f:id:kayakadv1:20170513165646j:plain

☆シャッター面でクリアーしたと喜んではいけない!

下端の出っ張りをかわさないと!

カタログ記載の5.62mは、バウ(bow) からガヂョン(gudgeon)の先端までの寸法ですね~ ラダーはその都度外さないといけません☆

 

f:id:kayakadv1:20170515165932j:plain

☆車庫に対して斜めに入れるとはこのこと 天井には照明や配管があって斜めにするのはこれが限界

それと忘れてはいけないのが高さのクリアランス。車庫に入れている車がヴィッツで助かった・・・☆

 

マストは本来2分割ですが、セールを巻いた状態で持ち帰るので、これがまた5650mmくらいありそう。

でも大丈夫。こちらは軽い!

あと、4700mmもの長さのあるama(アウトリガーの部分をHobie社ではama(アマ)と呼んでいる)を以前に工作で使ったイレクターパイプのあまり材を使って受けを作りました。

これもコンクリート壁に穴を開けてネジ止めして完璧!

神ってるとはこのこと!?

この日は嬉しすぎて、近所のステーキ屋、ハングリータイガーに行って助っ人君たちを労いました。

 

2×4材で組み立てたカートップキャリアも、よくもってくれました。

ちまちま集めた電動工具がここで威力を発揮してくれました。

f:id:kayakadv1:20170511151858j:plain

自分ではこれでもよくできた方だと思うのですが・・・

 

カートップの考察については別の機会に書きます。

 

この日は自宅のガレージにぴったり格納されたタンデムアイランドを・・・しばし眺めておりました。

 

後述談)

ピタゴラスの定理を使えば、直角三角形の2辺の長さが分かれば残る1辺の長さもわかる・・・はずですよね。

車庫の奥行=5.5m、幅の半分=1.5mとすると・・・

それぞれの2乗の和・・・5.5×5.5=30.25、1.5×1.5=2.25・・・30.25+2.25=32.50

・・・は斜線の長さの2乗になっているはずだから・・・

電卓で32.50と入力して「√」ボタンを押すと・・・5.70 

計算上は5.70mとれるはずだったのだ!

計算上はねっ

こういう時に算数って役に立つのね~(笑)

 

 

タンデムアイランド 最も説明が長かった部品は・・・

ついに納品の日を迎えました。

 

でも結果から先に言うと、海が荒れていて(代金に含まれている)インストラクションができず、よって持ち帰りもせず、来週に持ち越し……ということになりました。

 

当日朝の予報でも「午後から南西の風が強まる」と出ていたので、どうかなと思い逗子湾まで行きましたが、スタッフの方から延期しようと勧められ納得しました。いつもその海の前にいらっしゃる方ですから助言は最優先です。

 

そのほうが実は助かりました。

自家用車のキャリアに積んで帰るつもりでしたが、タンデムアイランドを間近に見ると全然ダメなのがわかりました。でっかいのです。

もっと頑丈な台を作らないといけません。

当日私は2×4の「半分」の棒材で組んだものを用意して行きましたが、ケチっちゃいけません。2×4の部材で来週までに、さらに大きく作り直すことにします。

 

海に出ないことを決めたので、お店の艇庫でスタッフのかたから、実艇を前に説明を受けることにしました。

 

最初に、タンデムアイランドに座る椅子から始まったのですが、これがなかなかの出来です。

10万円もするオフィスチェア並みの機能です。

カヤックを買ったのですが、まるで椅子を買いに来たような感じです。

 

リクライニング、だけかと思いきや、ランバーサポート(腰部)が無段階で調整できるし、座面の高さ角度も変えることができます。

この乗艇姿勢の調整は、とても大事だと思います。これがイマイチだと、しばらく不快な姿勢を強いることになるわけですから。

ミラージュドライブと椅子の距離・・・つまり前後の調整については、ミラージュドライブのほうでできる嬉しい仕組みになっています。

 

あと、ビーチに上げた時にカヤックからその椅子を外して、座面の下に収納されている脚を接続すれば、ビーチチェアのできあがり。椅子をひっくり返してみると、かわいい脚が4本隠れているのです。

ひとつだけ注意が。

座面後部にあるストラップを装着することを忘れないように、とのこと。

流れることを防止するためと、カヤックで立ち上がって座面を踏んだ時に事故につながるのでこれは大事です。

 

カヤックには sit on top型と sit in型がありますが、タンデムアイランドは前者のほう。

2015年にマイナーチェンジするまでは、カヤック特有の「お尻はびっしょり」でしたが、これで解放されるそうです。全く…ではないにしろ、ずっと濡れた座面で座っているより、乾いていた方がハッピーですものね。

 

椅子の解説が長かったので、このブログも椅子の話だけになってしまいました。でも、ただの椅子じゃないのですから仕方がありません。

 

他の各部はまた乗り始めてからご紹介しようと思いますが、ユーザーズ・マニュアルがまた立派だったので、次回それをご紹介します。

f:id:kayakadv1:20170509164331j:plain真新しい美しい艇体

f:id:kayakadv1:20170509164115j:plainゲンブツを前にすると…大きい!

さらば日本マリン熱 から25年経って  その1

92年に私は「さらば日本マリン熱」ダイヤモンド社)を出版させていただいた。

題名どおり、日本のマリン熱は燃やしてもすぐ消えてしまうくらい素地ができていないということが表の要点。

素地というのはひとつ、海をとりまく法律や環境。

船を操船するのに「免許」、無線を発信するために「免許」、船を買うと「船舶検査」……この類は多数例を挙げた。ただ、これらは今さら私が指摘しなくても、先人達が言ってきたことだ。

いっぽう、日本のマリン事情を鍋に入れて煮詰めていくと、最後に結晶というべきかコゲというべきか底に残るものがある。それが何だかはじめはわからなかったが、あろうことか、よく見てみるとその正体は「私たち日本人特有のマインド」だったというのが裏の要点、言いたかったオチだ。

 

ニュージーランドやアメリカで海の業界を経験した私は、日本の海をとりまく環境がいかに世界的に珍しいかがわかった。あえて言うと、“(海洋先進国に)遅れてをとっている”のでははく“違う”のだ。

 

どうか試してみてほしい、あなたの家族や友達に「ボートで海行って釣りしたいから、今度、船の免許取りに行くんだ」と言ったら、どういう反応を示すか。

すごいね~、いくらかかるの? 試験は難しいの? 使う機会あるの? と聞く人はあっても、遊びで船を動かすのに免許があるなんておかしいよ、と指摘する人はまずないだろう。

車やバイクなど、乗り物に乗るには「免許」という社会に慣らされているからだ。不思議に思わない。

世界中どこを見ても、遊びの船で遊びに行くのに、国務大臣が発行する免許証をもつ人でないと操船できない、とする国は日本くらいなのに。

 

このブログで25年経った「その後」を追っていきたいと思う。さすがに25年の間に制度が変わったところもあるが、大筋は何も変わっていない。

タンデムアイランドに乗る前からすでに冒険?

昨日は、Hobie タンデムアイランドの受け入れ準備のために車のキャリアを購入しました。

驚いたことに、自分の車に着ける場合、メーカーの指示だと前のバーと後ろのバーの間が60cmしかないのです。

カタログ値で564cmもの船体を60cmで支えるのは・・・安定が悪いし船体への負担が大き過ぎます。

少なくても納品して自宅に持ってくる間だけでももつ細工をしようと思います。

あと、車庫に格納すべくコンクリートの天井にアンカーボルト用の穴を8か所開けました。

以前から持っていたハンマードリルで1穴90秒かかるところを、業者さんからお借りしたプロ仕様のロータリー・ハンマードリルだと3秒でできました。

コンクリートの粉がガレージ中に蔓延して、どこから入ったか、口の中も少しジャリジャリ。これからやろうとするかたは、”少しだから”と言わず、ぜひ口と目(あと髪)はガードしましょう!

ガレージの天井にマスキングテープを使って、だいたいこんな大きさ…と貼ってみたら、いっぱいいっぱいです。船体が5mm大きくて入らない…ということにならないか心配です。

考えてみれば当たり前でしたが、車庫って床が水平でもないし、奥と手前では天井高さが違うのです。限られた中で事を解決させるのは大変です。

f:id:kayakadv1:20170521184818j:plain

 

innoのキャリアを付けてみました。前後のバーの間隔は70cm弱・・・と狭い。

規定だと60cmだけど、少しでもここは拡げたいところ

 

クラウンで運ぶ・・・ということ自体がすでに冒険!?